2017年02月15日

樹木医的な造園手法について

IMG_4246.JPG
冬の期間中は
現場もなく、なかなかブログに投稿する素材が見つからない
といった状況なので、

突然ですが
樹木医的な視点にたって
いくつかの造園の仕事(作業方法)について書いてみようと思います。

ただ、書こうとしている内容は、
例えば剪定などでは、造園の指導書に書かれているものと少し違う部分もあるかと思います。

それは
樹木医が勧める手法というのは、樹木にとって一番インパクトが少ないと思える植物生理学的知見に基づく手法であり、景観や樹姿重視ではないからです。

でも、木が元気に育って枝葉を十分に伸ばし、周囲の環境と共に作る健全な景色こそが大切だし、永く続くことが出来ると思います。

また、植物生理学のような学問的分野は、研究が進むにつれどんどん進歩しますので
私の勉強不足で最新の技術に追いついてない点があるかもしれまでんが、
暖かくご了承ください。

そして少しでも皆様の参考になれば嬉しいです。


ただし、図を描いたり
頭の回転スピードを上げないと書けないので

気合いが入った時だけ
限定バージョンって事でお願いします



by みそ

posted by みそ at 15:20| Comment(0) | 樹木医

2017年02月14日

樹木医初仕事

2月13日
樹木医になって記念すべき初仕事に行ってきました(^^)

雪模様の天気の中でしたが
大杉の治療です。

IMG_4238.JPG

長岡市浦地区 八幡宮様境内
樹齢推定 320歳
樹高28m
目通り幹周6.6m
なかなか迫力のある3本立ち

IMG_4241.JPG

幹の上の方で丸鋼にて結束してあります。根元付近の心材不朽による倒木防止のための処置です。

この木は、先輩樹木医さんが診断し
このような処置の指導も行なってきていまして、
この度の治療はその続き
樹冠の軽量化と風圧軽減を図る剪定作業でした。

ま、実は今回は先輩樹木医さん方と一緒の作業でして、
新人の私は金魚のウン○みたいなもんかと・・・

IMG_4242.JPG

と言うことで
この写真は
27m級高所作業車の上で作業する
先輩樹木医さんと地元工務店の社長さま(剪定実務は社長さん)、下から無線で指示する先輩樹木医さんや地元の区長さん
そして写メ撮るウン○の私という構図になってます。

でも、その後・・・
午後には新人の私も作業車の上に載せていただきました^ - ^

1、枯枝を落とす。
2、スタブカットを切り戻す
3、樹勢が衰えるので太枝は切らない

という指示の元
私ともう1人の新人E君の2人で高所作業

IMG_4243-6a454.JPG

ま、E君も庭師だし
普段の作業の延長線上という事で
問題なく出来たと思っとります。

で、これが作業前と後

IMG_4244-b6a40.JPG IMG_4245-5cf31.JPG

ユニック1台分の枝を切りましたが、見栄えを変えず、枝は透け、樹勢に影響ない仕上がりになったんではと思います。

庭師的にはもうちょい切りたかったですけどね

by みそ

新潟県/南魚沼・魚沼・十日町・湯沢・中越地区の“造園・ガーデニング・外構・庭園・伐採・剪定”の事なら(有)エル・グリーンにお任せください。

 

(有)エル・グリーン 

〒949-7252

新潟県南魚沼市水尾126

TEL.025-779-3270

FAX.025-779-2703

 

ホームページ(作業内容・価格表ございます):http://lgreen.info/

Facebookhttps://www.facebook.com/l.green.limited


タグ:樹木医
posted by みそ at 10:01| Comment(0) | 樹木医

2017年01月05日

神戸(こうど)のイチョウ

昨日(1/4)に家族で長野県の飯山と小布施に日帰り小旅行^_^
飯山市におっきなイチョウの木があって、女房の友達が結構見に行っている・・・という情報をキャッチしたので落葉シーズンですが見て来ました!!

□神戸のイチョウ(県指定天然記念物)
IMG_4058.JPG
IMG_4059-90272.JPG

高さ36m
幹周11m
かなりの迫力です。
裏にまわると空洞をウレタンで埋めて治療した後が2箇所
IMG_4057.JPG
きちんと塗装も施してあります。
ウレタンの処理について上手、下手って判断出来るほどの経験が私にはないのでなんとも言えませんが、葉が茂った状態であれば気が付かない人もいそうな感じに仕上がってます。
実際女房は違和感がある・・程度しか感じなかったようですし。

大イチョウの見られる乳垂れもしっかりありますね
IMG_4060-49887.JPG

このイチョウは老木にもかかわらず
枝の状態や冬芽は元気はつらつで、まだまだ壮健な木のようです。
ぜひ秋の黄葉を見にこなくちゃ

by みそ



posted by みそ at 12:24| Comment(0) | 樹木医