2017年11月18日

高田公園で桜の治療

11/11〜12にかけて新潟県の樹木医の会で高田公園の桜の治療に参加してきました^ - ^
(1週間前じゃん!!遅くてすみません)

治療内容は、
1、竹筒を使った土壌改良
2、剪定、腐朽部処理
3、水圧で土に穴をあける土壌改良
4、踏圧防止用に柵を設置

F64E22BF-1DAD-488B-A9CF-2368161FAB9A.jpeg3D6DA3CD-E9A4-4803-8119-ED7C537AB3FF.jpeg
DBC547D2-8DEF-4521-8719-CFAFC1E5E2E4.jpeg13221BD8-7868-497D-9675-A42D3893A745.jpeg
0AEFFC68-4BB7-40A7-9BC6-4A61563170D4.jpeg570247BF-B4DC-4630-B740-23D435BAB961.jpeg

そして2日目(11/12)午後は講演会

777B1759-070F-49CE-8B73-38ED03BD108C.jpeg
F482556F-9DCC-4D3C-89C1-4DC1B26894B1.png
元東京農大学長の進士五十八氏の記念講演に魅了されました。話が上手すぎ!!
2時間の講演を一文でいうと「地域をおこすには、地域の人が中心になり地域らしさを前面にだすべし!!国の方針には従わない方が魅力的な地域おこしができます」という感じ。
ま、金太郎飴じゃダメだしすぐ飽きられちゃうから、そーだよなぁ。

でも地域より、まずはエル・グリーンの魅力アップだな
って何故かそう思った一日でした。


by みそ

posted by みそ at 19:37| Comment(0) | 樹木医

2017年10月09日

虫川の大杉

行楽日和の良い天気。
さすが体育の日、晴れの特異日ですね〜〜。

でも10/10だった頃の体育の日を特異日と言ってたので、10月第2月曜日の現在は、特異日とは言わないのかな?



そんな今日、上越方面の海に潜りに行ってきました。

が、濁りあり。
う〜〜ん視界2〜5mでボーズ。
折角の良い天気だと言うのにストレスダイブになっちまった。


そんなフラストレーションを解消すべく帰りがてら上越市浦川原区の国指定天然記念物「虫川の大杉」を視察。

年中近くを通っているのに初見です。

IMG_5697.JPGIMG_5699.JPG

樹高30m、目通り幹周10.6m
樹齢1,200年だそうです。

さすが国指定、デカイ!!
が、写真じゃわかり辛いですね。
という事で

こちらを

IMG_5707.PNG
ね、足場と比べるとデカイでしょう。


そうそう、足場があるのは
先輩の樹木医さんが治療中との事でした。

IMG_5700.JPG

by みそ




posted by みそ at 18:02| Comment(0) | 樹木医

2017年09月04日

ハゴロモムシ

普段手入れで出入りしている泉ヴィレッジさんから
ブナの木が元気なくて
まだ9月上旬なのに葉を落としてる・・・
という連絡を受けて行ってきました。カミキリムシの害かなって当たりをつけて殺虫スプレーを持参して


IMG_5388.JPGIMG_5389.JPG

写真でもわかるように確かに上部の葉がスケスケで落葉してるようです。

さてさてカミキリムシのフラスは何処だ?って近づいて見ると

ゲゲ!!

IMG_5380.JPGIMG_5381.JPGIMG_5382.JPG
「幹が真っ白だ!!」
なんだ?

動いているので虫なのは間違いない。

IMG_5386.JPG

老眼をよ〜く凝らしてみて見ると
どうもハゴロモムシの幼虫のように見えます。(私の知識では詳細な種まで特定できまでんが)

今まで経験したことの無い事例だったので調べると、ハゴロモムシの幼虫は吸汁性昆虫のようです。
流石にこれだけ大発生すればブナも弱るわけです。

という事で、診断はハゴロモムシ大発生による衰弱という事で
即、消毒。

来年には元気に萌芽してくれると良いのですが、念のため再度カミキリムシのフラスも探してみて見る予定です。

この度は虫がフワフワ身体に纏わり付いて近づくのも恐ろしかったので・・・

by みそ






posted by みそ at 18:14| Comment(0) | 樹木医