2019年12月28日

長森八海神社の大杉 その1

あら?
今年一番印象に残った仕事についてブログで書いてなかった!!

と言う事が、年賀状に使う写真を選んでいて、気が付いた次第。
(グリーンシーズンは余裕がないんだよな、と言い訳しとこ)

IMG_9146.JPG

 ↑ 一足早くお見せしますが、これがその一番印象に残った仕事で
2020年用の年賀状採用写真。
・・・・・長森八海神社の大杉延命処置作業からの一枚です。





今シーズンは、この樹高36m、目通り(目の高さの幹の周囲の長さ)9.6mの大杉に
6月から10月まで取り組んでいました。



先ずは、まずは作業開始前の写真

IMG_5396.JPG

威風堂々としているでしょ。

でも石垣とその内の盛土が気になる。

枝葉を見ると、木全体としては衰弱していませんが、
永い目でみると、この盛土は決して良くありません。

根は自分が好む高さに(深さ)伸びていくので
人為的に埋めるのは、根腐れや酸素の供給に影響するのでよくありません。

そこで大杉の延命作業はこの石垣と盛土の撤去から。

IMG_8885_edited.jpg

6月の日曜日、地元の方々が中心となって
バックホウを使いつつも、木の周りは人の手で丁寧に土を掘って根を傷めないように作業を行いました。

今回撤去した盛土は、相当長い期間(数十年)ここにあったそうで、

根が酸素を求めて上に向かって伸びていると想定していたんだけど、
意外とそうでもなく、盛土の中に太根も細根も少なかった。

きっと、大杉のサイズに比べて盛土面積が小さかったので(といっても直径10m以上)
盛土より外側に十分根が広がっていたからと思います。

何はともあれ、根痛みを最小限に抑えられたので良かったです。


そして石垣と盛土を撤去してみると
立派な根張りが出てきました。。。。

土に隠れていた根張りが見えるようになったおかげで
大杉がずっしり重厚に存在感と威厳がアップです。

考えてみれば、、、、

盆栽の世界では
根張りのつくりも重要な要素ですもんね。

恥ずかしながら、こんなに大きな木になっても同じなんだなと
改めて思った次第です。

ほら、
作業前と後で木の威厳がずいぶん違うでしょう。

IMG_5392-2.jpg


IMG_8889-2_edited.jpg




by みそ









posted by みそ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木医

2018年11月17日

スケッチ研修会

今日は長岡造形大学にて
樹木医会新潟県支部の研修会。

A8FFAA59-60A3-40A9-B383-4ECCCA884F2B.jpeg

B0CC063E-6E46-4B7B-B8FD-683D6255FB71.jpeg

まずは大学内の樹木管理についての説明を聞きながら校内散策。
除草剤未使用の芝生が綺麗で驚いた。
そして落ち葉が積もる雑木林で秋を満喫 ^ ^
素晴らしい景色でした。

そして造形大学らしい研修という事で樹木スケッチの実習

EA5F8D41-FE02-4C02-8C44-D0015A7E730E.jpeg

拙いスケッチですが、ケヤキの木。
OHPで全員がお披露目。

恥ずかしい限りです!

なんて言ってる場合じゃない。
報告書に必須のスケッチ、公開が前提ですから。

そうそう、樹木医に求められるスケッチは幹部分を重点的に書いて枝葉はスルーが基本。
この様なスケッチに傷、腐朽部、空洞等の特徴を書き込みます。

う〜〜ん
しかし研鑽を積まねばだ。

by みそ


posted by みそ at 20:04| Comment(0) | 樹木医

2018年10月09日

桜のてんぐ巣病

今日は私と槙、歩の3人で赤倉のホテルでソメイヨシノのてんぐ巣病枝撤去とモミジ他高木の剪定でした。


この桜は5〜6年前に罹病枝を撤去したんですが、なかなか完治にはならんもので再び酷く再発してます。
ただ、前回の切除前と比べると樹勢は強く、枝張りも確実に良くなってます。

ところで最近世の中の余裕がなくなってきたせいなのか、桜のてんぐ巣病枝が目立つ気がします。(切除の予算がないのか?、庭木に興味がないのか?)

せっかく植わって大きくなった桜を綺麗に咲かせる為に、適切に羅病枝の切除を行って欲しいと思います。

そういえば南魚沼市二日町近辺の魚野川河川敷のソメイヨシノも、結構てんぐ巣病枝が目立つよなぁ。
樹木医から一言「管理者さん!羅病枝を放置すると、どんどんと病気が増えちゃって花数が少なくなりますよ・・・」
by みそ


新潟県/南魚沼・魚沼・十日町・湯沢・中越地区の“造園・ガーデニング・外構・庭園・伐採・剪定”の事なら(有)エル・グリーンにお任せください。


(有)エル・グリーン 

〒949-7252

新潟県南魚沼市水尾126

TEL.025-779-3270

FAX.025-779-2703


ホームページ(作業内容・価格表ございます):http://lgreen.info/

Facebookhttps://www.facebook.com/l.green.limited



タグ:赤倉
posted by みそ at 21:20| Comment(0) | 樹木医