2020年04月23日

干溝の大ケヤキ

4月20日月曜日から今日木曜日まで干溝地区の大ケヤキの手入れ作業でした。

C1DCA7DC-10AE-4C01-ABC8-832DD1433DA6.jpeg

ケヤキの迫力と大きさに心を奪われながらの作業(^^)

4日間もの間、パワースポットにいて
ケヤキのパワーを戴いたも同然で、
「リフレッシュ!!!」

と、
なるはずが、長雨と3月並みの寒さで腰痛、脚痛で身体はボロボロ。
歳ですな。

何て愚痴はさておいて、


今回は

枯れた大枝の剪定

04D8B48B-78E3-4AB7-B112-BDAE38BB74FA.jpeg

8C411D83-4AD4-4ABA-A366-0B7526B2ADDC.jpeg
道路上の40〜50cmもの太い枯れ枝を2本撤去しました。
あんな枝が落ちてきたら車もペシャンコ。
地域の方の心配の種、無事に取り除きました。

高所作業車を使っての作業なので、
その他の細かい枯れ枝も根こそぎ撤去(と言ってもみんな腕よりも太いですが。。。)
これで安心です。


土壌改良

22B25E1C-3BCC-4AC0-A81E-8759DC746D3A.jpeg


施肥

57BD8B35-4641-4981-8FF8-D448B8159D4E.jpeg


活力材散布

FC3BC960-D5C1-46FA-AE4A-1269ECA0F7BD.jpeg

9E1A681F-BFA6-4527-A2A1-128B1DBF19C1.jpeg

の4項目を実施。

何百年もに永き期間で
ここまで大きくなったケヤキですが、

すぐ横に擁壁ができ、
道路が舗装され、
下水道工事が行われ、
境内には砂利が敷かれ、
川岸には護岸工事が。。。。

昭和初期までは気兼ねなくスクスクと根を伸ばす事が出来たケヤキだったのでしょうが、
今はやっとやっとかも知れません。

でも地域の方々は、
「すぐ横の道路を迂回させて撤去して、根が伸びれるようにしたい!!」
と言っておられました。
貴重な地域遺産の大ケヤキです。
是非大々的な保存に向けて動き出して欲しいです。
もちろん私も機会ある毎に応援したいです。

まずは多くの人にケヤキの事を知ってもらいたい。

305B6B7D-872F-4CA8-B63C-6564ECD3CDC1.jpeg

場所は、魚沼市の響きの森公園の近く。干溝地区の諏訪神社境内です。

パワーが凄いです(^。^)

by みそ






posted by みそ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木医
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187412274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック