2019年07月12日

イチイの移植

はるか昔
6/13の作業です。

なんせゴールデンウィークがあけてからというもの
、、、、、というか10連休と言われた今年のゴールデンウィーク中から

営業、現場、農業と怒涛のごとく仕事が押しよせて
特にここ1カ月ほどは心に余裕がありませんでした(@_@;)

が、やっと
( ^^) _U~~

本日2稿目ですが、お蔵入り寸前だった
イチイの移植記事をアップしますね。

EA3F7AB7-6D90-47C7-836E-A56A3465C9BA.jpeg

塩沢地域のS様宅で家の建て替えに絡む作業です。

S様宅には、巨木のソメイヨシノやブナ、シダレザクラ等々
多くの木が植わっていたのですが、
ご主人が無くなってしまったこともあって
管理が大変と伐採されることに。

ですが、思い入れのあるイチイは移植で残ることに、、、、
よかったねイチイ君

4FD9E50F-4FB8-4918-A0AF-5970024057BA.jpeg

立派なイチイで下枝は広がり
地面に付きそうな状態です。

しかし、この枝ぶりがなんといってもイチイの風格の元!

大切に切ることなく、そして傷めないように慎重に掘り取りを進めます。

1C3492E6-BC18-4D14-8D6A-C502989CDDD9.jpeg

無事におおきな根鉢で掘り取り完了!(^^)!

4tユニック車でやっとやっとの重さです。
写真はありませんが、
植え付け場所がユニックから離れていて
結構ヤバい作業でした。

作業前にラフタークレーンを頼むかどうかで相当悩んだのですが、なんとかOKで「ほっ!」

E864F7A1-43A9-4675-82DB-C1507876809C.jpeg

これから迎える夏の猛暑に耐えるようがっつり剪定です。

時期的には梅雨入り前で常緑樹の植え付けにいい季節。

・・・・・・・・しかし
ここ最近の猛暑に、本当にこの時期に植えていいんだろうか?と
考えてしまいます。
といって雪国魚沼では晩秋か今頃しか選択肢がありません。
晩秋も根が張る前に過酷な冬を迎えるので、
決して安心できる季節でもないですが。。。。

264CB0A1-BCA5-41EE-BF67-4EBB3B1A6535.jpeg

イチイ植え付けと剪定が完成
さっきも書きましたが、植え付け途中はガチで作業に集中していたので
写メが撮れませんでした。

イチイの隣で支柱結束中はツバキです。



C3A76045-29E0-467B-BF86-868F25906329.jpeg

そして最後の仕上げに日よけの遮光ネット(設置日は7/10)

この度のイチイ移植では、

話がきてからすぐに根回しをして小根を出させ、
最大限の根鉢寸法、
勿論、掘り上げてすぐに植え付け、
日よけのネット、
大きな水鉢

と出来うる範囲で最大の猛暑対策をしました。

S様には水やり管理を願いしましたし
これで無事に夏を乗り切ってくれるでしょう。

by みそ





posted by みそ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 植樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186265693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック