2018年10月09日

桜のてんぐ巣病

今日は俺と槙、歩の3人で赤倉のホテルでソメイヨシノのてんぐ巣病枝撤去とモミジ他高木剪定でした。


この桜は5〜6年前に罹病枝を撤去したんですが、なかなか完治にはならんもので、いつのまにか酷いことにな。
ただ、最初の切除前と比べると全体的には元気になったようだし、枝張りも確実に良くなってますね。
1D6B2B5C-ABDC-4FAA-8915-B20E8770BA23.jpegAB273687-9662-4A70-AE4C-AD947A5023DC.jpeg

ところで最近、巷では世の中の余裕がなくなってきたせいか桜のてんぐ巣病枝が目立つ気がします。(切除の予算がないのか?、庭木に興味がないのか?)

せっかく植わってる桜なので春に綺麗に花を咲かせる為に、適切に羅病枝の切除を行って欲しいです。


羅病枝を残しておくとどんどんと病気が増えちゃって花が減っちゃいますよ・・・

by みそ

posted by みそ at 21:20| Comment(0) | 樹木医
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: