2017年01月06日

小布施の街を散策

昨日のブログの続きです。
(年初からこんなに頑張って記事をアップして、絶対息切れしちゃうな)

飯山市の神戸イチョウを見てからは
小布施町の藤岡牧夫美術館、葛飾北斎美術館、街中散策・・・

小布施って栗くらいしか知識がなかったんですけど、良いところですね〜。

蔵の街並みと綺麗に手入れされた庭、しっとりと落ち着いた和の空間です。
写真は無いですが、何処のお宅も庭の赤松が綺麗に手入れされてました。
IMG_4073.JPG

そして、正月といえば
IMG_4075-e0394.JPG
蔵の街に門松似合います^_^

仕事柄つい気になってしまいます。

IMG_4076.JPG
これは寸胴作り
上の写真のように竹を斜めに切るのを「そぎ」というのに対して
このように横に切るのは「寸胴」って言います。
もともと門松は寸胴で作っていたそうですが、あの徳川家康公が憎っくき武田信玄を叩き斬ってやる!!!!の思いを込めて
斜め切りの「そぎ」を始めたらしいです
・・・ネット情報ですが(^^;;

ところでこの門松
松を使っていません
IMG_4076-07a23.JPG
根元を全部スギでつくってます

主役の松が無くても良いのかなぁ?
スッキリ洗練されていて私の好みのタイプですけど・・・

by みそ




【日記(思いつくままに)の最新記事】
posted by みそ at 14:40| Comment(0) | 日記(思いつくままに)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: