2019年01月02日

京都視察旅行 3

≪3日目≫

この日は庭園を見ないで散策だけだったので
さらっと写真だけを紹介
まずは
[伏見稲荷大社]

P1030049.JPG

この有名な景色が見たい!!
と稲荷大社の総本山、伏見稲荷大社へ

P1030046.JPG

しかし伏見稲荷大社の1000本鳥居、、、、、
実はなめてました。
というか、よく考えてなかったという方が正しいか。
これだけの大きい鳥居が、おそらく1000本以上

よ〜く考えればどれほどの長さ(距離)になるかわかりそうなもんですが、
ま、普通そこまで考えないですよね。

山の上に向かって続く鳥居の道は
まるで登山道

もちろんすべての鳥居を制覇してきましたが
小雨降る中を2時間くらい歩いてきましたよ。

山頂まで行く人は結構少なくて、
周りの方との間には妙な連帯感が生まれます。
道順を教えてもらったり、世間話ししたり・・・

DSC_1692.JPG

こんな感じで延々と鳥居が続いて

IMG_20181222_114724.jpg

結局全く、こんな高さまで登ることに・・・・
天気が良ければ京都市街が一望できそうですが
あいにくの雨模様です

DSC_1686.JPG

鳥居の設置をしているいようで、
道はないので人力で荷揚げ、らしい。
屈強そうな方々が7人おりました。

この上数百mまでこの柱2本を担ぎあげるようです。




[伏見の街歩き]

伏見稲荷大社の次に向かったのは
伏見の街で酒蔵見学

灘、伏見って言えばお酒
ここはその伏見だったんですな〜(あたりまえか)

ということで黄桜酒造のカッパカントリーです

DSC_1724.JPG

IMG_20181222_190745.jpg

知らなかったけど、黄桜ってウコン桜をマスコット(あ、いや、マスコットはカッパか)
先代がウコン桜を好きだったから名付けたんだそうです。

さらに知らなかったけど
近所には月桂冠の酒蔵もあってびっくり。
ほぼお隣さんっていうくらい近くだったんですね〜

ところで、せっかくの酒蔵見学
車なので試飲NGなのが超悔しい
( ̄ヘ ̄メ)チッ


DSC_1722.JPG

DSC_1720.JPG

妻はカッパで食べた昼食時、俺を置き去りにちゃっかり飲んでるし
( ̄∇ ̄)


DSC_1754.JPG

この古い建物もお酒関係だそうです。
歴史深い街並み素敵ですね。

ま、京都ですからって軽く言われそうですが。。。。



さらには坂本竜馬の寺田屋も
実は私、歴史物大好きなので興味あるんです、こういうの。

DSC_1739.JPG

伏見の街歩きは、西武に勤めていた時の同僚だった関口さんに案内してもらい、
下調べ皆無の旅にも関わらず、レアなところに行けて大満足。
ありがとうございました。
ということで、後姿だけ紹介・・・・
(関口さんの了解をえてないので)

IMG_20181222_190441.jpg

3日目 完

さらっと写真だけのつもりが
結局それなりの長さになってしまった。
本当は3日目、4日目をまとめて記事にしようと思ってたんですけどね。
一旦切りますか。

by みそ













posted by みそ at 16:15| Comment(0) | 日記(思いつくままに)

京都視察旅行 2

≪2日目≫

滋賀県の道の駅草津を早朝出発して、京都視察の始まりは嵐山から・・・

DSC_1440.JPG

着いてからいの一番に渡月橋を渡っていると前方より修行中かな?
若いお坊様が来られて
「お〜京都に来たな〜」と急に気分が大盛り上り。
このような景色(あ、失礼! でも渡月橋を渡るお坊様って素敵な景色としか言い表わせません)

普段見れませんよね。

さて最初の視察地[天龍寺庭園]

P1030008.JPG


target="_blank">DSC_1468.JPG


かの有名夢想国師が築造した池泉庭園で、本でしか見たことのない竜門瀑を楽しみにしていたのですが・・・・・(写真中央のチョイ左)
「と、遠〜い!」
保存のためか全く近づくことができず、よく見えません。
曹源池と竜門瀑の雰囲気だけ味わってきました。
後はもう一回本の写真で見て勉強だ。

続いて嵯峨野の竹林

DSC_1515.JPG

すごい。。。。
ほぼ日本人はいません。。。。
静かではありません。。。。
風情も。。。。
ただし、初見だったのでもちろん竹林には大感動!!
京都が一番静かであろう12月の中旬でこの状態とは思わなかったです。

しっかしこりゃ桜や紅葉の時期はかなりヤバいな。
渋谷のスクランブル交差点並みじゃなかろうか?

続いて[大河内山荘庭園]

DSC_1524.JPG

映画俳優大河内伝次郎さんという方が30年かけて造った庭園

DSC_1561.JPG

P1030023.JPG

苔が綺麗でした。
ただな〜、山裾を登り降りする園路が木が多すぎてる感じで
まるで藪山を歩いているような気分に。。
好みの問題だとは思うのですが、
私的にはちょっと?って感じです

[奥嵯峨散策]

DSC_1608.JPG

P1030037.JPG

外国から来られた方々は、渡月橋界隈と竹林付近までを散策して
その奥には行かないようなので、
やっと静かな嵯峨野が味わえました。
街並みも御土産・食事のお店も雰囲気よろしでした!(^^)!

[祇王寺]

P1030033.JPG

P1030032.JPG

苔を掃き清めていた庭師さんが使っていた竹箒と塵箒が
我々の普段使いの物より見るからに高級そうで、
つい話しかけちゃいました。

苔を綺麗に掃くには、ホームセンター製では苔を痛めて駄目だそうです。

う〜ん、苔を掃き清めるような仕事はしたことないけど
竹箒を見ただけで違いだけはわかる。

で、
・・・・つい影響を受けて

DSC_1623.JPG

嵯峨野の竹製品屋さんで箒、買っちゃいました。
さっきまで持ってなかった変なの、背負ってるでしょ。。。。
さすがに庭用の大きな竹箒は買いませんでしたが。。。。

[大覚寺]

DSC_1625.JPG

P1030042.JPG

お疲れモードで大覚寺を視察

祇王寺でつい大覚寺とセットの入園券を買ってしまったので、
引きずる足に鞭打って見てきました。
ただ、渡月橋まで戻るのはもう無理!!
バスがあってよかったよん・・・・
でしたね。


[おまけ]

P1030035.JPG

先ほどの写真にちらっと写ってましたが
アスファルトのごく普通の車道にカッター目が入っていて
まるで石畳みのように見える細工が施してあります。
「凄い」
2日目 完

by みそ


(追伸)
その後、2019年の年明け後に訪ねた伊香保温泉でも、アスファルトに同じようなカッター目を入れた舗装を見ました。
俺が知らなかっただけで、一般的に行われている工法かもしれません。



posted by みそ at 15:05| Comment(0) | 日記(思いつくままに)