2018年10月23日

ケヤキの移植 2

魚沼の里さんでのケヤキの移植工事が無事に完了です。
13E7B3C0-B3B4-4025-B99E-2710A6ACFC6C.jpeg

4t車での運搬は大丈夫か?
手配した0.7バックホウで重さは大丈夫か?
直根があったら(縦に深く伸びる根)があったら掘り取りはできるかどうか?
等々心配の種はつきませんでしたが、色々と案じたが故に準備万端ということか?
特に大きな問題はなく植え付けまで完了してホッとしました。

175606A5-E8E0-4097-B2BD-A27D4D70E332.jpeg
18D68C65-760A-403C-9EEC-B281AF34FB6D.jpeg
E17C3662-51DB-4149-9413-251A4D8CC835.jpeg


ケヤキが植わって迫力の景観ができて猿倉山ビール醸造所さん前の景色が変わったかな?
俺的には、「よし!!」って感じです。

よしよし^ ^

by みそ

posted by みそ at 20:35| Comment(0) | 作庭しました

2018年10月11日

ケヤキの移植

魚沼の里さんで昨日からケヤキの掘り取りに着手。
F3646BD3-7EA8-4AF7-B44F-67BD19274462.jpeg

合計7本、みんなデカい。
樋口、岩田のダブル親方と槙の3人が掘り取り作業に向かってます。
みんな初めての大きさに戸惑いながら
昨日、今日の二日間で5本が完了。
予定していた3日間で無事に終わりそうです。

ところでこの写真を見てわかると思いますが(いや?わからないですよね)
この掘り取りでは幹の太さに対して根鉢の直径が大きいです。
大きけりゃ活着率は上がりますが、重量が増えて移動や植え付けに苦労しちゃいます。通常もう一回り以上小さいですかね。(幹の直径の4〜5倍)
この木は6〜7倍くらいありそうでしょ。

でも大丈夫、移動距離は500mと場内移動だけだし、0.7立米級の大きなバックホウを用意したから重くても大丈夫(いっぱい枝を切っちゃいますが)

それでもやっぱり大きい根鉢だと色々大変ですが、きちんと根付くよう全力を尽くします。

続く

C4C62650-D082-4C59-A561-AC7DC337717A.jpegA12F010F-289F-4B0D-BC9A-5481200DF076.jpeg

by みそ
posted by みそ at 18:28| Comment(0) | 作庭しました

2018年10月09日

桜のてんぐ巣病

今日は俺と槙、歩の3人で赤倉のホテルでソメイヨシノのてんぐ巣病枝撤去とモミジ他高木剪定でした。


この桜は5〜6年前に罹病枝を撤去したんですが、なかなか完治にはならんもので、いつのまにか酷いことにな。
ただ、最初の切除前と比べると全体的には元気になったようだし、枝張りも確実に良くなってますね。
1D6B2B5C-ABDC-4FAA-8915-B20E8770BA23.jpegAB273687-9662-4A70-AE4C-AD947A5023DC.jpeg

ところで最近、巷では世の中の余裕がなくなってきたせいか桜のてんぐ巣病枝が目立つ気がします。(切除の予算がないのか?、庭木に興味がないのか?)

せっかく植わってる桜なので春に綺麗に花を咲かせる為に、適切に羅病枝の切除を行って欲しいです。


羅病枝を残しておくとどんどんと病気が増えちゃって花が減っちゃいますよ・・・

by みそ

posted by みそ at 21:20| Comment(0) | 樹木医